佐藤信雄

佐藤信雄とは?

佐藤信雄

1971年3月 東京教育大学(現:筑波大学)付属盲学校理療科卒業
1971年4月 セタガヤ治療室を開設

 

 

治療室で治療を行う傍らで、東洋医学を基盤とした研究に努めた結果、1994年に「置鍼気功療法」が生まれる。その治療法により老眼や近視、白内障、緑内障等の治療困難とされている症状に画期的な効果を出すことに成功。

 

 

1997年には「置鍼気功療法」を難聴に取り入れ大きな効果を出すことにも成功しました。

 

 

その成功から、雑誌「毎日ライフ」や「安心」に注目され話題を呼び現在に至っています。

 

佐藤信雄

 

医者に見捨てられた人ほど・・・

難聴と言っても様々な症状からきており、医者に行ってもさじを投げらるのがほとんどなのが現状です。
その結果、治すことを諦めてしまい治ることに気づいた時には症状が重症化して治るものも治らなくなってしまう。こうしたパターンで悩んでいる方が多くなっています。

 

 

こうした方に佐藤信雄先生が開発した置鍼気功療法は今までにない画期的な治療法で聴力を改善させます!医者に見捨てられた方にとっては効果テキメンです!

 

全国各地から患者が訪れてしまった

置鍼気功療法が話題になってから佐藤信雄先生のセタガヤ治療室には医者に見捨てられた多くの患者さんが殺到し、1年先まで予約が埋まってしまうほどの人気までになってしまいました。

 

 

しかし、難聴というものは時間が経てば経つほど重症化してしまうことがほとんどなので、なるべく待たせないで治療を行いたかったそうです。

遠方の方や1年先の診察の方に向けて

遠方からわざわざ高い交通費を掛けなくても、数ヶ月先まで診察を待たなくても自分で治療が出来るように電子書籍を出版しました。この電子書籍は137人のモニターを募集し、全員に改善の効果が出るのを確かめてから出版したので、治療室で行う治療とは若干違いますが効果は確かです。

 

 

しかも、今だけ出版記念により、セタガヤ治療室に通うより電子書籍を買って自分で治療するほうがお得感があります。出版記念による「難聴改善コミュニティー」の権利と佐藤先生から直接指導を受けることができる「耳の健康教室」の無料参加の権利。電子書籍はもちろんのこと、この2つの権利だけでもかなり価値があります。