急性難聴

早期発見が大事

急性難聴はある日突然音が聞こえなくなってしまう恐ろしい難聴です。
自覚症状としては色々ありますが、代表的なものを挙げますと

 

・なんとなく聞こえがよくない
・周囲の音が耳障りに響く
・自分の声が反響していて変な感じ

 

そんな症状があったら急性難聴を疑って見たほうがいいかもしれません。

 

 

一番効果的な治療法は手遅れになる前にすぐに病院に行くこと!!

 

 

これに尽きます。難聴に限ったことではありませんが、
早期に発見し治療を行うことで、治る確率がグッとあがります。
というかほとんど治す事ができます。

 

 

仮に一ヶ月放置したらどうなるのか・・・

 

 

残念ながら元に戻る確率はかなり低いでしょう。
一生音が聴こえない耳になってしまうまえに違和感を感じたら
すぐさま病院へ直行することをおすすめします。

 

 

病院へ行けばそれなりの治療をしてくれます。
急性難聴の場合、点滴ですぐに効果がでるので多くの病院で行っています。

 

 

急性難聴の回復は早期発見が大事です。
早いうちに治療すれば治ることがほとんどですので、
絶対に放置をしてはいけません!

 

病院の探し方

急性難聴は発症する割合は低いためか、適当な耳鼻科に行くと誤診される可能性があります。急性難聴の場合なるべく1分でも早く病院に行くことが望ましいのでじっくりと病院探しを行っている暇なんてありません。

 

 

どこの病院が良いのかは難聴になる前に探しておくのが一番の策ですが、これから自分が難聴になるなんて夢にも思わないでしょうから、前もって探しておくということはまずしないでしょう。よっぽどの心配性な人ならあるかもしれませんが・・・

 

 

 

もし、急性難聴になったらどこの病院がいいのか探さなければなりません。
手っ取り早い方法としてはネットで評判の良い耳鼻科を調べることです。
下記のサイトがとても参考になります。
※参考サイト→耳鼻咽喉科の病院口コミ・評判 −病院検索QLife

 

 

それでもいきなり難聴になると危機感があり、とにかく近くの耳鼻科に行く方が多すぎます。誤診されたらその病院に行った時間は全て無駄になるのでここだけは少し冷静になって病院を探しましょう。