カナル型難聴

カナル型難聴が多くなってきている

カナル型難聴という病名は少し聞きなれない名前ですが、
イヤホンのカナル型からきています。

カナル型イヤホン

 

 

このイヤホンを装着して音楽を聴き続けたために
起こる難聴です。

 

 

カナル型イヤホンは耳栓のように装着するようになるので
鼓膜のかなり近くで音を感じることができます。

 

 

遮音性に優れていて小さな音も聞き取りやすく、
音の余韻や低音もききとれるということで
スマートフォンや携帯型音楽プレーヤーでほとんどの方が
使用している非常に人気のイヤホンです。

 

 

その反面、使い方を間違えると難聴になりやすい
諸刃の剣といえるかもしれません。

 

 

最近、若者の難聴人口が多くなっているのはこのせいです。

 

 

カナル型難聴を悪化させないためには

難聴に気付かずそのまま音楽を聴き続けて
悪化させてしまうと最悪の場合

 

 

全く音が聞き取れなくなり、救い様がなくなります。
少しでも聞き取りづらいと感じたら悪化させないために注意が必要です。

 

 

音量を上げすぎない!
長時間聞かない!
週一回は耳を休める!
カナル型イヤホンを止める!

 

 

難聴に一度なったら治す事は非常に難しいので
簡単なことですが、悪化することはまずありませんので
本格的な難聴になる前に実践しましょう。

 

カナル型難聴の治療方法

カナル型難聴に限って言える事は前に説明したとおり
悪化しないために行う対策しかありません。

 

 

耳が聞こえづらいと思ったら、先延ばしにすることなく病院に行くことをオススメします。

 

 

一般的に難聴治療で行われているのが処方される薬を飲む
薬物療法です。病院へ行けば症状の度合いによって薬を出してくれます。

 

 

病院へ行けばどの程度の難聴なのか知ることが出来ますし、
注意すべき点を説明してくれます。なんだかんだ言って最終的には
医者に頼るしかないのかなと思います。

 

 

とはいっても難聴のことを本当に詳しく知る医者は日本全国を探しても
そう多くはいません。難聴に詳しい医者はたくさんの事例を診てきているので
ただの耳鼻科とは経験値が違います。

 

 

もし、あなたの難聴も他では治らないと言われていても、
名医であれば治せる可能性がグッと上がると考えて良いでしょう。

 

 

実際に治らないと言われてきた難聴に悩んでいる方たちが
難聴専門の医師が行う治療法で完治している事例が多くあります。
一度相談に乗ってもらうのも一つの良い方法かもしれません。

 

⇒完治の事例はこちらから見る事ができます。